ユーキャンの宅建講座


着実に力を付けられるユーキャンの教材!

ユーキャンの宅建講座は、今まで法律を勉強したことのない人でもわかりやすく知識をインプットできる教材を提供してくれます。
特に各科目の学習ポイントを教えてくれるDVDや講義を収録したCD、出題範囲を絞り込んだテキストは、魅力的な教材といえるでしょう!

具体的には、DVDで科目ごとの全容や学習ポイントが理解できるので、これからどのように勉強していけば良いか把握しやすくなります。
又イラストを随所に使いながら説明してくれるのでイメージも湧きやすくなります。

  • テキストだけは理解しにくいこともCD講義が聞けることですんなりと納得しながら勉強していけます。
  • 出題範囲を的確に絞り込んだテキストがあることで、無駄な学習をする必要はなくなります。

そして、このようなレベルの教材を用意しなければ宅建に短期合格することは難しいとも言えます。

ところが中には宅建の試験は市販されているテキストで専門用語を覚えて、過去問を何度か演習すれば簡単に合格できるというようなことがインターネット上で言われています。
確かに過去問演習は宅建の基本ですので、それだけでもある程度点数を取ることができるでしょうし、毎年似たような問題も多数出題されます。

しかし合格できるかは疑問が残ります。
なぜなら、過去問を解くには法律の理解や専門用語の基礎知識は欠かせません。
それを市販されているテキストだけでまかなうのは無理がありますし、まして法律は独特の解釈が存在しますので講義で説明されなければ、理解が難しいこともたくさんあります。

もちろん中には、はじめからある程度知識があり市販されている教材だけで十分な人もいるかもしれません。ですがみんながみんなそうでないということです。
というよりもほとんどの方が苦しみながら覚えていくのが宅建です。
そうでなければ合格率が10%台というのはありえません。
もし、これから宅建をはじめて勉強される方はユーキャンのような教材は、無理なく知識をインプットできて、尚且つ着実に力を付けていくことができると思います。

宅建はインターネット上で言われているほど簡単な試験ではありません。
聞いたこともないような専門用語や理解するのが難しい法律もあります。
それらを克服していくためには、どのような勉強スタイルが良いのか考えれば、必要な教材もわかってくるはずです。

ユーキャンの安心サポート体制!

通信講座は一人で勉強することになるので、わからない問題や質問があった場合中々対応できません。

しかしユーキャンにはそのような場合にも受講者をサポートするために「質問への回答」、「添削指導」、さらにはインターネット上で受講者同士が交流を持てるように「学びオンライン」というサービスも提供しています。
とても便利なサービスですので、これを利用しない手はありません。

私もユーキャンのサポートを利用して、何度も助けられたことがあります。
例えば一人で勉強していると自分の実力を客観的に判断できない場合があります。

「自分は合格ためにはどのくらいの位置にいるのか」、「何処を重点的に勉強して行けば合格にできるのか」などわかりません。
そんな時に添削サービスがあると講師から適切なアドバイスを頂き、これからの学習ポイントを指摘してくれたりもします。

又宅建の勉強を続けていると一度や二度はわからないことが出てきますが、質問できることによりスムーズに学習することが出来ます。

このようなサポート体制があることで、初心者でも安心して勉強していくことが出来るのです。
要するにユーキャンのサポートサービスは実際一人で勉強していたとしても出来るだけ、学校で勉強しているのと変わらない環境を作ることができると思います。