宅建に合格するために


宅地建物取引士資格の取得を検討されているみなさん、ようこそ当サイトへお越し下さいました。

このサイトでは、宅建試験への受験を決意し、合格するために有利な学習に関する情報を入手しようという方に向け、有益な情報提供を目的に開設しました。

皆さんのような宅建挑戦者が学習前に求めている情報といえば、宅建試験に最短で合格するための学習法の選び方をはじめ、効果的かつ効率的に学習を進めることができるノウハウやテクニックということになるでしょう。

もちろん、このサイトでもそんな皆さんのニーズに応えつつも、単なる理想論ではなく宅建の合格を目指す皆さんの視線に立った、リアルな情報をお伝えしていこうと思います。ぜひ、最後までお付き合い下さい!

宅建に合格するための心構えを持つ

さて、具体的な学習法などを紹介する前に、皆さんには宅建試験の学習に挑む際の心構えを持っていただきたいと思います。
もちろん、それは意味のない精神論などではなく、効果的で効率的な学習を進める上で欠かせない、宅建に合格するためのノウハウというべきものです。

そのひとつめが、決して満点を狙うのではなく合格点を狙うということ。
つまり、出題範囲のすべてを網羅する学習法ではなく、近年の出題傾向を見越し確実に合格が狙えるような効率的な学習を積み重ねていくということ。

次いで重視したいのは過去問です。
宅建に限らず資格試験の大半は過去問により構成されているといっても過言ではありません。

「過去問を制する者が資格試験を制する」
を肝に銘じ、過去問重視の学習を計画して下さい。

最後は自身の環境に適した学習法を選択することです。
学習に充てられる時間、投資できる金額、そして、その条件下でもっとも効果的と思われる、コストパフォーマンスの良い学習法を選んで欲しいということです。

宅建に合格するために必要な3つの心構えがわかったところで、次ページからは、いよいよ本題に入りたいと思います。