宅建は就職に機能するのか、また未経験でも問題ないか


宅建の資格が就職に有利か?

不動産業界での実務経験もなく、また何の知識も無い方が宅建の試験に合格し、資格を取得した場合、果たして宅建の資格が就職に有利に機能するでしょうか。
その答えは有効に機能します!

だだし、これは現在大学(高校)在学中で就職活動中の学生及び、この不況で在学中に就職を果たせなかった就職浪人の方、そしてまだ辛うじて社会から新人としての扱いを受けられる第二新卒といった方のみに当てはまる答えといっていいでしょう。

未経験で有利なのは学生や新社会人など

例えば不動産関連への就職を目指している学生さんがすでに宅建資格を所有していれば、所有していない学生さんに比べ不動産業界への就職意欲をはじめそのアドバンテージの高さは言うまでもありません。
また、宅建が不動産関連業界のみに有効かといえばそうではありません。

住宅ローンをはじめ各種不動産投資を行っている銀行や証券業界。
そして、住宅ローンの有無が加入保険の内容にもかかわる生損保業界でもその知識は活用できるなど、特に金融や保険業界への就職には有効に機能する資格なのです。

新卒にとって宅建は確実に武器になる!

宅建は歴とした国家資格であり、独占業務を持つ不動産業界における必須のスペシャリスト資格です。
巷には何故か宅建は誰でも受かるなどといった無責任な噂が根強くありますが、試験自体もそう簡単なものではありません。
そうした国家資格が就職に有利に機能しないはずがないのです。

不動産業界への就職を目指す学生さんや早く就活から脱却したい就職浪人の方、そして、現在の業界や就職先から不動産業界入りを目指す第二新卒の方は、迷うことなく宅建の取得を目指し学習を開始して下さい。

間違いなく、宅建はあなたの希望どおりに不動産業界入りの重要なパスポートとなってくれるはずです!

未経験でも資格があればそれなりに評価される

いざ宅建士資格を取得して就職活動をしようという段階になって、実務未経験というスペックがどうも大きな不安要素として感じられることもあるでしょう。

資格を取得するまではとにかくそこが目標ですから、先のことなどさほど考えもしないかもしれません。
ですが、実際に試験に合格してみても、未経験者が即実務家デビューなどなかなか難しい話です。

宅建士に限らずどんな資格でも、就職や独立をするにあたり、実務未経験では厳しいもの。
試験で問われる内容と実務の実際とでは、実に大きな差があるのです。

基本的に、現場は経験者優遇。ただし例外もあり

実際に宅建士の求人をみても、多いのが業界経験者です。
それもそのはず、宅建業者であれば常に一定数の宅建士を事務所に配置しなければならないことになっており、宅建士の求人の大半がこうした法的要件を充たすための欠員募集です。

「新人を迎えて一から教育」というよりは、「前任者の担当業務をスムーズに引き継いでほしい」といったニーズの方が高いと言えます。
しかしながら、大手の中には、前職でのやり方を持ち込まない実務未経験者を求める募集を出すところもあるようです。

この場合、宅建士として就職する上で未経験というスペックはむしろアピール要素となるでしょう。
自身の通勤許容エリアにこのような募集を見つけたらかなりラッキーですね。

不動産業界以外での経験も、アピールによっては十分武器になる

初めて不動産業界に足を踏み入れる場合、どうしても未経験者であることがネックになり、選考段階で十分に自分の良さを伝えられない残念な応募者は後を絶ちません。
これから新たに宅建資格を取得し就職したい皆さんは、ぜひ“未経験者なりのアピール”を心がけて下さい。

未経験者なりのアピールとは、知ったかぶりをすることではありません。
むしろ、不動産業界以外の経験に目を向け、活かせる要素がないかを積極的に検討することが重要です。
例えば、前職が営業である場合、これまでに培ってきたスキルやノウハウは不動産営業の場でも活きるでしょう。

長年事務職としてコツコツ頑張ってきた方であれば、不動産営業をバックアップする事務方として活躍する道があります。
人前で堂々とハキハキ話すことができる、知らないことに対しても粘り強く勉強を続けることができる等も、立派なスキルです。

細かく考えていけば、どんな方にもひとつはアピール要素があるのではないでしょうか?
宅建士として就職する際、未経験であっても前向きにいきましょう。
ビクビク、オドオドでは間違っても採用されません!