宅建と行政書士の難易度について


宅建と行政書士の難易度について

宅建と行政書士は、よく難易度を比較されます。
どのような試験で、どちらが難しいのかと。

結論から言うと、行政書士の難易度の方が圧倒的に高くなります。

しかし、宅建と行政書士はそれぞれ試験の性質や

学習内容がまったく異なりますので、
そもそも難易度を比較すること自体無理があるのです。

宅建は、宅地建物に関する法律を学び、行政書士は行政書類の作成を行ないますので、
行政法や民法などの法律を学びます。(学習内容が似ている部分もある)

これらのような異なる学習内容では、あなたの持っている知識や得意・不得意がありますので、
人によっても難易度の感じ方が違ってきます。

しかし、まったく異なるジャンルでも資格同士の相性が良く、
2つの資格を取得することで仕事の幅が広がります。

そして、実際に宅建と行政書士のダブルライセンスで、仕事をしている人も多いようです。

宅建も行政書士も非常に魅力的な資格ですが、
魅力ゆえに合格するのも難しくなります。

特に現在のように不況になると資格取得者が増えはじめ、ライバルも多くなってきます。

そうした中で合格していくには、宅建と行政書士の試験を理解して、
しっかりとした準備をしなくてはいけません。

ですので、宅建と行政書士の難易度だけではなく、

両資格の特性を理解する事も忘れないで下さい。