通信講座は宅建試験に向いている


通信講座でライフスタイルに合わせた学習が可能

「独学はちょっと無理かな…」「通学する経済的余裕がない」。そんな人におすすめしたいのが、通信講座。
宅建の通信講座は、通学ほど費用がかからず、自分が勉強できる時間に自分のペースで勉強できることが最大のメリットです。
通勤途中やお昼休みなど、こま切れの時間を使って勉強することも可能です。

昨今の通信講座は、至れり尽くせり!テキストや問題集のクオリティが高く、CDやDVDといった教材で講義を受けられるため、「よし、頑張ろう!」という気持ちになれます。もちろん、最新の受験情報も送付され、質問にもメール等で回答してくれます。通信講座によって模擬試験もあるため、自分の実力をチェックすることも可能です。

ただし、気をつけたいのは、通信講座は独学同様、「自習」が基本になること。仕事が多忙なことを理由に「今日は疲れたから明日やろう」とサボっていると、挫折することになりかねません。まずは、各通信講座に資料請求を行い、講師やテキスト、教材、質問へのフォロー体制などを比較検討してみましょう。

通信講座の特徴とは

■通信講座のメリット

  • 勉強したい時間帯に自分のペースで勉強できる
  • 通学に比べて費用が割安になる
  • クオリティの高いテキストを用意してくれる
  • CDやDVDといった教材で講義を受けられる
  • 最新の受験情報が送付される
  • 質問のフォロー体制が整っている
  • 学習スケジュールが決まっている

■通信講座のデメリット

  • 独学より費用がかかる
  • 自習がメインなので挫折してしまうこともある
  • 受験仲間ができない