独学・通信講座・通学…どれを選ぶ?


宅建資格の勉強方法には「独学」、「通信講座」、「通学」の3つの選択肢があります。
それぞれのメリットとデメリットの違いをご紹介しましょう。

独学の場合

独学は、自分で思い立ったらその日にスタートできる気軽さが最大のメリットでしょう。

市販の参考書や問題集も自分の好きな物を選ぶことができますし、勉強時間も自由に決めることができます。
また予算的にも一番リーズナブルなので、お金をかけたくない人にはぴったりです。

ただし、スケジュールの組み方や合格範囲に絞って勉強の比重を決めるなどは自分で模索しなければなりません。

的を外した勉強を進めてしまうと、本番試験の時に時間をかけて学んだ範囲が出題されなかった…などということもあります。

また初学者の場合、理解できないことも多く出てくると思いますが、誰にも質問できないので自力で調べるしかないのも独学の辛さです。

通信講座の場合

基本的に家で勉強するのは独学と同じですが、通信講座の場合は「合格」を照準に考えてカリキュラムが組み立てられているのがメリットです。

「いつまでにどの分野の知識を身につける」という勉強の段取りは、特に資格試験が初めてという人に取っては難しいものです。
独学の場合、勉強方法やスケージュールを自分で組み立てることに時間がかかって、それだけで疲れてしまうこともあります。

通信講座ならテキストや問題集、DVDなどがセットになっていて、効率良く合格に向けての勉強をスタートすることができます。

ただし「通信講座=必ず100%合格できる」という確約があるわけではありません。
通信講座を申し込んで教材が届いたことで安心してしまうこともあるので、あくまでも「自分の努力が重要!」…と心がけ、しっかり勉強することが大切です。

通学の場合

資格の学校に通学する場合、合格へ向けてカリキュラムが組まれているのは通信講座と同じですが、同じ講座のクラスに色々な人が集まってくるのでモチベーションが上がるのがメリットです。

年齢層や職業も様々な人が皆、宅建合格を目指して勉強しに来るので、自ずと自分のやる気も高まります。
また同じ受験生同士、効率の良い勉強法などお互いに情報交換をすることもできます。

授業中にわからないことがあれば、すぐ講師に質問できたり授業後に自宅での勉強法について質問ができたりするのも通学のメリットでしょう。

ただし、一番お金がかかる勉強方法であること、講義のスケジュールに自分の生活を合わせなければならないこと、学校が通いやすい場所にあるとは限らず、通いづらい場所だと億劫になり挫折し易いなどのデメリットがあります。