士業にランクアップ!宅建責任者から宅建士へ


資格の名称の最後に「士」が付く「士業」。

士業は特に司法、会計、医療、福祉、不動産、建築、土木などの業界に多く、私達の日常生活を健全に送るためには不可欠の資格ばかりです。

資格には民間の資格と国家資格に分かれますが、国家資格に関しては資格認定が国に担保されているだけではなく、独占業務として認められているものがほとんどです。

そして士業には「その業務においての能力に優れている人」という意味があるので、人からの信頼も寄せられそのぶんだけ責任も重大になります。

不動産契約の専門家となる宅建

そんな士業には弁護士、司法書士、税理士、行政書士など色々ありますが、今度その仲間入りをするのが「宅建」です。

宅建は正式名称を「宅地建物取引主任者」と言い、不動産業界では必須の資格です。
宅地建物取引主任者とは、簡単に言うと不動産の売買や交換、貸借の契約成立に携わり重要事項の説明などを行う専門家のことを指します。

不動産業界のみならず、他の業界でもこの資格を持っている人は歓迎されるのですが、この宅地建物取引責任者が、来年の2015年4月から「宅建士(宅地建物取引士)」に改称することになったのです。

難易度が上がる前の「今」が受験のチャンス!

士業にランクアップした宅建資格は、名称の変更とともにすぐ業務の幅が広がったり、責任の重さがより重大になることはないとは言われていますが、平成27年度以降の宅建試験の難易度は上がるかもしれないという予測が早くもされているようです。

就職や再就職、転職のため、今の会社内でのキャリアアップのために「宅建資格を取ろうかなあ〜」と考えている人、宅建試験に挑戦したものの受からず1度で「無理かな」と諦めてしまった人も、士業にランクアップする前の今がチャンスです!

土地や建物などの不動産は個人にとってはもちろん、企業にとっても重要な財産なので、その取引に携わる宅建士は不動産業界のみならず企業にとっても必要な人材です。

これからますますニーズが高まる見通しなので、難易度が上がっていくことを前提にしながら今のうちに資格取得に挑戦してみましょう!