宅建対策!予備校クチコミ情報


宅建予備校はどこがいい?

“法律系資格の登竜門” “不動産業界必須資格”として人気の宅建ですが、平成26年の宅地建物取引業法一部改正に伴い「宅建士」として士業に格上げされたことにより、より一層注目を集めることになりました。
今や大手資格予備校でも「宅建対策講座」と名のつく講座には多くの受講生が集まるため、どのスクールでも比較的力が注がれているのではないでしょうか。

数ある宅建対策予備校の中から、おすすめをご紹介してまいりましょう!

資格スクール 大栄

  • 開講講座:合格コース(本科+答練)、宅建士本科講座、宅建士答練講座
  • 受講料:初学者向け通学講座 194,000円~

資格スクール 大栄

人気の秘密は「テキスト力」にあり!
オリジナルテキストでは、出題率8割以上を占める権利関係・法令上の制限・宅地建物取引業法の主要3分野をそれぞれ1冊に、残り4分野を1冊にまとめ、重要ポイントにしっかりと力を注げる仕様に。
初学者にも分かりやすい解説に定評があります。

初めて学ぶ人でも、ムリ、ムダのない学習で宅建関連法令を学べる予備校としておすすめです!

資格の学校 TAC

  • 開講講座:総合本科生の他、週1マスター本科、速習本科、まるかじり本科など目的に応じた多彩なラインナップ
  • 受講料:スタンダードな総合本科生で138,000円~

資格の学校 TAC

特徴ある幅広い講座群は大手資格予備校ならでは。初学者からある程度知識のある受験生まで、抜群の対応力を誇ります。
欠席時の振替フォローや自習室の開放など、受講日以外のフォローも○。

その他、割引制度も充実しているので、コスト面にも配慮したい受験生におすすめの宅建予備校です。

LEC東京リーガルマインド

  • 開講講座:完全対策を目指すプレミアム合格フルコース他、ウルトラ合格フルコース、単科講座など多数
  • 受講料:プレミアム合格フルコースでおよそ130,000円~

LEC東京リーガルマインド

初学者から中上級レベル受験生まで、幅広く学べる講座のラインナップが○。
業界屈指の実力派講師陣による講義力には定評があります。

使用教材からの本試験出題実績を示す「ズバリ的中」も多数。

資格の大原

  • 開講講座:初学者向けには週2回コース各種、中上級レベル向けには週1回コース各種をメインにした講座設置あり
  • 受講料:初学者向け完全合格週2回コース・入門パックで150,000円~

資格の大原

元々は簿記講座から始まった資格の大原ですが、今や大手資格予備校のひとつとして法律系資格対策でも高い人気を誇るスクールです。

必要なポイントのみ集中的に習得する“大原流メソッド”で、初めて法律を学ぶ受験生でも無理なく合格を目指すことができます。
宅建予備校の中では、とりわけ初学者におすすめできるスクールです。