2014年宅建の合格率は17.5%!昨年比+2.2%


さて、宅建の合格率分析は引き続き、2014年度本試験に移ってまいります。昨年比マイナス1.4%の2013年度試験から一転、この年はプラス2.2%に転じ、合格率は急上昇を遂げました。

宅建合格率(2014年度版)データ

受験者数238,343名
合格者数33,670名
合格率17.5%
合格点32点/50点満点

2014年度本試験は、内容的には2013年度同様、「民法の難化傾向」は継続したままとなりました。しかしながら、宅建業法や税その他の出題は若干易しめとなり、50問トータルでみた時には「易化傾向」と括ることができる内容であったと言えます。

こうした背景があって、合格率は17.5%にまで伸びたのではないか、と予想できます。もっとも、宅建試験に限らずどんな資格試験についても、「合格率がガクンと下がった翌年度は合格率が上昇する」といった傾向があるような気がしますので、宅建試験の合格率も2014年度版は例外なく大幅にプラスに転じることとなったのかな、と思います。

合格基準点は2013年度から1点下がっていますね。例年、多くの受験生が合格ライン付近を1点、2点で合格を逃している試験ですから、この1点に救われた合格者も多かったのではないでしょうか。

さて、このような流れを受けて、2015年はついに宅建試験が大きな転機を迎える年と言われています。

試験の名称が「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」へと変更され、宅建業法の内容自体も一部改正されます。こうした変革を受けて、宅建試験の合格率がどう変わっていくのか、難易度はどうなっていくのか、巷には様々な噂がはびこっています。