学習時間の捻出方法


初学者が宅建に合格するまでに300~500時間ほどの学習時間が必要と前述しました。
平日昼間は会社に勤務していることを考えると、平日学習に充てられる時間は多くて2時間が限度となるでしょう。
その変わり、土日の休日に各5時間勉強に充てたと想定した場合……。

  • 1週間で20時間:(2時間×5日)+(5時間×2日)
  • 1ヶ月間で80時間:20時間×4週間

つまり、学習時間が320時間となる4ヶ月から、480時間となる半年間の学習期間を想定し準備しなければなりません。
とはいえ、仕事によっては残業が多く帰宅後思うように学習時間が取れない方や、出張機会が多く落ち着いて学習できないという方もいることでしょう。

または、親族関係の諸事により土日が埋まってしまうことも。
そこで、重要となるのが日々の学習時間の捻出です。

早朝時間を有効活用

一般的に社会人の方が勉強に充てる時間といえば帰宅後となるでしょう。
しかし、毎日定時に退社することなどまれなこと。
また、仕事の疲れや食事や入浴といった細事もあり、なかなか集中できる環境とはいえません。
そこで提案したいのが、学習時間を早朝へ切り替えるということ。

起床時間1時間早め、疲れもない早朝のクリアな頭で学習することで集中力に記憶力も向上すること間違いなし!
または、1時間出発時間を早め、自宅ではなく会社近くの喫茶店などで勉強すれば、環境も変わり気持ちもリフレッシュ。
しかも、会社に遅刻する心配もなしといいことずくめです。

スキ間時間を有効活用

どんなに忙しい方でも、1日の中には必ず〝スキ間時間〟が存在するもの。
例えば、行き帰りの通勤で利用する電車やバスの中、そして、昼食後に立ち寄る喫茶店など、ちょっとしたスキ間時間を集約すれば、1日1時間ほどは簡単に学習時間に当てられるものなのです。

早朝の1時間とスキ間時間を活用した1時間の計2時間。
無理することなく、毎日2時間を勉強時間に充てることで、合格という最終ゴールはぐんと近くなるのです。
学習時間の捻出に悩んでいる方は、是非、試してみてください!