宅建士で独立開業は可能?


「宅建士で独立」といっても、あまりピンとこない方がほとんどだと思います。
不動産業を営むにはそれなりに元手が必要になりますし、豊富な業界経験、そこで培ってきた人脈も重要な要素になります。
例えば業界未経験者が宅建士資格を取得して、「さぁ独立開業!」といってもそう簡単にいかないのが実情なのではないでしょうか。

実際、宅建士資格を仕事に活かす道として、多くの方が「不動産関連業への就職」を選んでいます。
宅建士資格は晴れて士業の仲間入りを果たしたとはいえ、他士業のように独立開業を目指すのは一筋縄ではいかないようです。

他のスキルとの相乗効果で、宅建独立を目指す

このように、純粋に宅建士の資格だけで独立開業を目指すことは容易なことではありません。
ですが、他資格やスキルと組み合わせることで、他とは異なるビジネスを展開できる可能性もあります。

具体的な例は、通信教育フォーサイトがリリースする注目コンテンツである『実務家密着取材』内にいくつか紹介されています。

通信教育フォーサイト『実務家密着取材』

・不動産鑑定士のパートナーと二人三脚で、法人や資産家所有の不動産に関するコンサルティングをメインに、不動産の売買・賃貸・管理・企画(一例として、レンタルオフィスの運営)を手掛ける会社を立ち上げている方
・不動産会社で培ったノウハウを活かし、女性専用シェアハウスの企画運営会社を設立された方

など、いくつもの実例が紹介されています。

このコンテンツに目を通し、個人的に意外だと感じたのは、「男性は堅実に不動産会社に就職している例が多い反面、女性は柔軟に新ビジネスを展開しているケースが目立つ」ということです。
たまたまかもしれませんが、その着眼点に「なるほど」と感じさせられます。

さぁ、皆さんはどんな形で宅建士として独立を目指しますか?
想いを巡らせるだけで、夢が膨らみますね!