宅建のおすすめテキストと通信講座


宅建の勉強は決して簡単にはできません。
宅建に受かるにはまずわかりやすいテキストがないと絶対にうまくいきません。
昔からある資格ですが、受かって資格を取得すると不動産業界を中心として華々しい活躍が見込める資格です。

希望者は多人数で毎年落ちる人の数は相当なものです。
他の競争相手を出し抜いてうまく宅建の試験に受かりたいなら、効率の良い宅建の通信講座で、効率の良い勉強をとることが大事です。
宅建の通信講座のメリットやデメリット、選びのコツなどを紹介したいと思います。

通信講座のメリットやデメリット

通信講座のメリット

  • 勉強したい時間帯に自分のペースで勉強できる
  • 通学に比べて費用が割安になる
  • クオリティの高いテキストを用意してくれる
  • CDやDVDといった教材で講義を受けられる
  • 最新の受験情報が送付される
  • 質問のフォロー体制が整っている
  • 学習スケジュールが決まっている

通信講座のデメリット

  • 独学より費用がかかる
  • 自習がメインなので挫折してしまうこともある
  • 受験仲間ができない

宅建資格取得のために通信講座を受講した際、合格のために実践していただきたい工夫はいくつもあります。
「せっかく通信講座を選んだのであれば充分活用して合格を目指したい」、そんなアナタはぜひチェックしてみましょう。

テキストは常に携帯、家でも出先でもちょっとした時間に目を通せるように

テキストはいつでも傍らに置いて家事の合間やリラックスタイム、待ち合わせの際のちょっとした時間等にさっと目を通せるようにしましょう。
持ち運びを考慮するとテキストは薄型、コンパクトなものを選ぶのがオススメですね。

講義は常に流しっぱなし、いつでも知識に触れられるように工夫する

自宅や車の中など生活空間の中では講義音声が常に耳に入るようひと工夫、何気なく聞き流しているだけでも意外と記憶に残っているものです。
宅建の資格対策には講義のついていない通信講座もありますが、こうした講座は論外で講義付を選ぶのが基本です。

質問サービスは積極的に活用、疑問を即解消できるのも通信のメリット

独学と通信講座との違いは先生がいることにあり。
教材やカリキュラムをこなすだけではなく疑問点は先生にぶつけて都度解消させることができるのも通信講座ならではのメリットです。
通信講座選びの際にはこうした質問応対サービスがあるかどうか、さらには対応のスピードや親切度などもちゃんと調べておきたいですね。

単語カードは目につくところに貼って、効率良く暗記を

宅建資格対策の通信講座では、副教材として暗記カードが提供される講座も多数。
カードは持ち運んで活用するだけでなく、普段目につきやすい場所に貼っていつでも見られるようにしておくのもオススメです。

これらは、日常生活の中で簡単に実践できる通信講座の活用法。
いずれも基本スタンスは、生活の中に宅建資格対策を無理なく取り入れる事にあります。
通信講座を活用し今の生活の中で確実に資格対策をこなせる工夫を考え実践することが大切です。

通信講座の選び方

通信講座も今のような時代ならたくさん見つかります。
その中でどうやって、質の劣らないものを探し出せばよいのでしょうか。せっかくですのでポイントをまとめておきましょう。

宅建の合格者の数や合格率をきちんと発表している

これは残念ながら、あまり実行している通信教育業者は多くないようです、確かにそれを正確に発表することはためらわれそうです。
しかし、自負を持っているがゆえに堂々と公表している企業もあるのです。

テキストを、手間暇をかけてつくっている

最近は教育業界も長年続いた不景気のダメージをもろに受けているようです。
しかしそんな中でも教材の制作に予算や寸暇を惜しまない企業は残っています。

予算を惜しみなく注ぎ込んでいるかどうかの指標としては、やはり「カラーを多用した想定になっているかどうか」がおすすめです。
数色を使った印刷はとても費用が掛かる傾向があります。

また、自宅学習者の利便性を考慮して、持ち運びやすいサイズにしたり、適度に分冊したりしているかどうかも、いい指標になるでしょう。

メディア教材を、手間暇をかけてつくっている

これは上述したポイントと重なりますが、特に映像を使った教材でははっきりと違いを見て取れます。予算や労力を投じていない場合は、教室の授業風景をただ固定カメラで撮影してそのまま何の編集もせずに販売していることがあります。しかしこれではわかりにくいですし、ずっと見ていると飽きてきます。

そのいっぽう、TV番組のように活発に動くカメラワークで撮影・編集しているケースも存在します。このほうがわかりやすいですし、飽きずに見続けることができて有効ですね。

社会人は通信講座がおすすめ

ライフスタイルに合わせた学習

講師の講義を受けられる学習法は、なにも資格予備校だけに限りません。今や通信講座でもCDやDVDといった講義メディアがセットになった講座や、ウェブ上で講義を視聴できる講座も存在しています。

通信講座ですから、学習する場所は基本的に自宅です。つまり、自宅で講師による講義を視聴できるというわけです。
これなら、自身のスケジュールに合わせ、いつでも好きな時間に講義を視聴することが可能となったのです。

また、何より魅力的なのが資格予備校と比較して1/3~半額程度というリーズナブルな受講料です。
例えば、宅建試験向けの講座ならば、5~8万円程度も出せば、クオリティの高い講座と出会うことが可能です。

もちろん、学校への通学は必要ありませんから、交通費も必要ありません。

合格率競争が教材の質を向上させた

通信講座を判断する指標のひとつに合格率があります。合格率の低い講座には受講生が集まるはずもありません。
通信講座の生命線である合格率を上げるために、各講座はよりわかり易い教材開発に心血を注いでいるのです。

そんな合格率競争が各講座間の競争を生み年々教材やカリキュラムの品質が向上している傾向にあり、講義メディアこそその象徴といえるでしょう。
もちろん、講義メディアのみならず学習の基本となるテキストの解りやすさも通信講座ならではの特徴といえるでしょう。

資格予備校は講師による講義が学習のメインとなるため、テキストの内容はさほど重要ではありません。
そのため、テキストも旧来型の文字が羅列されたタイプのものが多く、テキストがベースとなる通信講座には不向きなのです。

対して通信講座のテキストは、なによりもわかりやすさが重要です。そのため、カラーによりポイントを強調したり、図表を多用して視覚的なわかりやすさを追求するなど、各講座が工夫を凝らしわかりやすさを追求しているのです。

格安な費用と仕事に左右されない自由な学習スタイル。そして、講義メディアやわかりやすいテキストといった優れた教材。
通信講座こそ、社会人にとってもっとも理想的な資格試験学習法といえるのではないでしょうか。

通信講座はこんな方におすすめ

毎日が残業で多忙の社会人

毎日仕事で忙しいサラリーマンやOLのみなさんほど、時間の大切さを痛感している人たちはいないようです。とくに現場の仕事で忙しい技術者や仕事がお客様の都合に左右されがちな営業の方ですと、「自分の将来のために資格を取ろう!」と心を決めても、なかなか思うようには勉強時間を確保できないようです。

ただでさえ忙しいのですから、毎週決まった時間に講義に通うことを考えると、気が遠くなってしまうでしょう。
しかし独学では忙しさを理由に挫折してしまうかもしれません。やはり通信講座を使って勉強するほうが無難とみなさん判断されるようです。

通信講座のメディア教材があれば朝の満員電車のなかでもさっそく勉強が始められます。
なかには宅建学習の半分以上を電車内で済ませたという強者サラリーマンの体験談も目にしたことがあります。

通勤電車で講義を聴いて自宅では過去問に集中する。
この繰り返しが合格を呼び込むようです。

スクールが近くにない人

勉強時間は取れるし、勉強するためにはお金の投資もできる、でも近くに学校がない。
そのためスクールへ通うことと同等の学習効果の得られる通信講座で学んでいる方々も多いですね、狭いようで日本は意外と広いのです。

宅建の試験は独学でも合格は可能ですが、毎年の試験の結果を見ると合格率は16~17%です。
それに対して、スクールや通信講座で勉強している人の合格率は倍以上です。
でも宅建の勉強をしたい人のすべてがすべて、スクールに無理なく通える地域に住んでいるわけではないですよね。

学校までの往復に掛る時間がかかり過ぎますと、やはりそれは大きな負担です。体力的にもきつくなります。

初めのうちは気力も充実しているので通えますが学校が遠くにある方ですとだんだんと通うのが億劫になってしまい、挫折してしまう方も多いのです。
どんなに優れた教育をしてくれるスクールでも学校は通い続けなければ意味がないのです。

そんな理由から、通信講座を選ぶ方が多いのです。
通信講座なら通学時間のロスもなくそのぶんCDやDVDでたくさん時間を使って勉強できます。
優れた通信講座の教材を利用すれば都市か地方かに関係なくどこにお住まいでも学習環境にハンデはないのです。

まとまった時間のとれない主婦の方

朝食の準備やあとかたづけをして幼稚園の送り迎えにお掃除や洗濯…。
1日の多くの時間を自宅で過ごしていても意外にまとまった時間が取りにくいのが主婦のみなさんのようです。
それに最近は、家計を助けるためにパートで働いている奥さんも多いですからなおさらですね。

そんな主婦のみなさんが、資格の勉強で頼りにしているのが通信講座です。
eラーニングなど聴くだけで勉強できるメディア教材なら、細切れになった隙間時間を使うことができます。
それになにより、通信講座は受講料が通学講座よりも安く、家計にもやさしいですから。

eラーニングなら洗いものをしながらでも聴くことができます。
また、子供が帰ってくるので動けない時間はパソコンでDVDの講義を見ることもできます。

「時間的にとても通学をする余裕はないけど、1回の試験で合格したい」、そんな主婦の方には通信講座が非常に有利ということなのでしょう。

通信講座に関するQ&A

学校に通って教室で講義を受ける通学講座はピンとくるかと思いますが通信講座についてはイメージが湧かないといった方もおられるかもしれません。
そこでこのページでは宅建試験対策用の通信講座に関してよく耳にする疑問点について、Q&A形式でお答えしていきたいと思います。

通信講座には講義はあるの?

講義のない通信講座と、講義のある通信講座があります。
講義のない通信講座はテキストを用いた自習が基本になりますが添削課題が5~10回程度用意されていて、それを通じて自身の弱点を把握したり講師からアドバイスをもらったりすることができます。
一方、講義のある通信講座は講義メディアを用いて講義を受講します。電車のなかで聴き流したい人は講義CD、自宅でじっくり学習したい人は講義DVDをそれぞれ選択すると良いでしょう。
両方をセットで受講することも可能です。

通信講座はいつ始めれば良いの?

開始時期(開講日)が決められている通学講座と違って、通信講座はいつでも始めることができます。
逆に言えば、思い立ったときが始めどきとも言えるでしょう。

個人差はありますが、宅建試験の学習は本試験の6~9ヶ月前に始めるのが一般的とされていて、通学講座もそれくらいの時期から順次開講します。

ただし、初学者のなかには「1年かけてじっくり学習したい」という方もおられるかと思います。開講日が固定されていない通信講座なら、そうしたニーズにも応えることができます。

通信講座を受講するだけで大丈夫?

通信講座だけでは不安になって、あれこれテキストや問題集を買い揃えたはいいものの、結局、どれも中途半端に終わってしまう。これは、宅建試験の不合格者によくあるパターンです。
基本的な講義と教材については、通信講座を受講するだけで十分です。

ただ、もし「法改正対応」などピンポイントで気になる点があるようなら、資格の学校が開講しているオプション講座の類を受講してみても良いと思います。

通信講座に唯一欠けているものを挙げるとするなら、それは模試です。

なかには模試を実施している通信講座もありますが、受験者の母数がやや少ない傾向にあります。模試に関しては、大手受験指導校の全国模試を受験することをおすすめします。