宅建は独学が成功するケースの条件とは?


宅建は独学が成功するケースの条件とは?

宅建の試験は難易度が高いのですが、どうやって勉強していくのかがよく議題となってきました。
今から宅建に挑戦するあなたには切実な話題ですが、宅建の受験勉強を、独学でやろうとする人たちもいます。

宅建の独学は、あまり自信を持って「できる」と提言するわけにはいきません。
宅建が難易度の高い国家資格試験であることは、もう一度あなたに繰り返していわなくてもよいことですね?

不動産業界ですでに仕事をはじめている人たちでも、独学を避けて専門の学校に通うか、学校と同じレベルの内容を公開している通信教育を使って勉強をしている事例が目立つくらいです(ちなみに、不動産業界で働いて実務に通じている人のほうが、やはり宅建の独学に成功しやすいことは事実ですね)。

あとは、他の資格(不動産関係、または法律全般)を取得しているか、その資格のために勉強をした経験がある人だったら、それまでの知識を活用できますから、独学で宅建合格に成功するチャンスは増えます。

独学の宅建受験のメリットは、あなたの自由時間すべてを使って勉強できることと、費用をかけなくてよいことです。

それでも、教材はよいものを買わないといけませんし、模擬試験を受けるなどの費用もかかることを合わせるとほとんど費用なしで受かるというわけにはいきません。
何よりも、合格までにどれくらいの時間をかけられるかが肝心ではないでしょうか。

宅建の試験は毎年1回しかありません。1度失敗したらもう1年待たなくてはいけません。

あなたが合格までに何年もかかってもよいのだったら、じっくりと独学で勉強して宅建に受かるのもよいでしょう。

これがたとえば不動産業界で働くために宅建の資格が必要な場合だったら、1年以内に受からないと困るということが普通なのではないでしょうか。

通信教育の資料請求を利用してみては?

独学よりも、宅建の講座を持つ学校に通うほうが、時間を無駄にする恐れが減るため何かとお得です。

ただし学校はどこも同じレベルではないですね(あなたもレベルの低い学校に行って失敗するのは避けたいでしょう)、出している教材をチェックするなどすることである程度学校のレベルは判断ができますから古本屋等にでも行ってちょっと立ち読みしてはいかがでしょうか。

あなたがもし宅建受験にあたって、独学のような在宅学習にこだわりたい場合は、通信教育で折り合いをつけるという手もあります。

通信教育は家で勉強できますし、添削して提出したり、カセットやDVD型の教材を使ったりすることで学校のような指導も受けられます(しかも、郵送やFAX・メール等で質疑応答もできるタイプが主流になっています)。

費用の面でも、学校ほど高額にならない傾向があります……

独学で全部を間に合わせることと比べて、コストが大きく増えるとは限りませんから、
まずは資料請求からはじめてはいかがでしょうか。