宅建士の年収はどのくらい?


皆さんは、宅建士の年収について、どの程度見込んでいるでしょうか?

「資格を活かすのだから、少なくとも今より少しは上がっていて欲しいな」
「不動産業は羽振りの良いイメージだから、成功すれば高額報酬を望めるのでは」
等、それぞれに理想があるはずです。

ここでは、宅建士の年収について、ホントのところをご紹介することにいたしましょう。

宅建士の年収平均はおよそ500万円、ただし実態は?

業種ごとの平均年収を検討する上で、参考になるのが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」です。
これによると、不動産取引業や不動産賃貸業・管理業の平均年収はおよそ「500万円」程度であることが分かります。

現状の皆さんの年収と比較して、いかがでしょうか?
ずいぶんアップするなぁと感じる方もいれば、今とさほど変わらない方もいらっしゃるでしょう。
感覚的には、「平均的な会社員の年収よりも若干高め」というのが宅建士年収のイメージであることが分かります。

しかしながら、実際のところ、宅建士になったからといって必ずしも年収500万円程度を稼ぎ出すことができるかといったら、決してそうではありません。
ひと口に“宅建業者”といっても、働き方や能力は人によって様々です。

年収200万円台の方がいれば、余裕で1,000万円を稼ぐ人もいます。
とりわけ不動産取引業については、個人の営業スキルや人脈によって大きく売り上げが変わります。
また、給与体系に「歩合制」が組み込まれているケースが少なくないため、「年収は人による」といった認識が色濃く出やすいものと思われます。

このように書くと、「頑張って宅建に合格しても、年収が上がらなそう」とネガティブになる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、一方では「実力に応じて高額年収が望める」とも言い換えることができます。

実際、不動産取引業でバリバリ稼いだ資金を元に、業界知識を活かして不動産投資等で成功されている方はたくさんいらっしゃいます。
皆さんも後に続くよう、夢を持って頑張りましょう!