なぜ今、「宅建」が狙い目なのか?今後難易度上昇の予感


さて、本サイトのメインテーマである「宅建」ですが、とある調査によれば、「日本の主要企業で取得が奨励されている資格」の第一位に君臨していることが明らかになっています。
業界におけるニーズが高く、さらに一般的にも高い人気を誇る宅建。この試験については、今、ある理由から「一刻も早い段階で受験するべき資格」と言われているんです。

宅建試験に早期に挑戦すべき理由、それはズバリ「試験難化への懸念」にあります。

すでにご存じの方も多いかもしれませんが、宅建試験は従来の“宅地建物取引主任者”の名称から、“宅地建物取引士”へと変更されています。
つまり、これまでの“主任者”の位置付けから“士業”の仲間入りを果たしたことになるのです。現状、「士」の付く資格については多数ありますが、いずれにも難易度が高い傾向にあります。

今後は宅建試験も、他の士業と足並みを揃えるべく、難易度を挙げてくる可能性があることは、資格業界においてはもう何年も前から噂になっていること。いよいよ2015年4月から新名称に変更されたことを受け、いよいよこうした憶測が現実のものになるのでは、と言われています。

加えて、“宅地建物取引士”への名称変更と併せて実施された宅建業法の改正から、“宅地建物取引士”の地位向上を目指す趣旨を読み取ることが出来ます。
具体的には、「信用失墜行為の禁止」「知識及び能力の維持向上」「従業員の教育」といったキーワードが条文中に盛り込まれたことが改正項目に挙げられるわけですが、これらの事項には宅建業界自体の水準向上を目指そうという意図が見え隠れします。

水準向上を図っていくとなれば、必然的に宅地建物取引士のレベルアップが求められることになりますから、この観点から言っても宅建試験難化は濃厚であると言えるのではないでしょうか。

よって、今現在、宅建試験の受験を検討されている方であれば、挑戦は早いに越したことはありません。難化後、宅建試験の合格はますます高いハードルとなりそうです。