試験のプロ・通信講座をパートナーに選ぼう

<宅建試験に勝つために…通信講座の利点>

宅建試験は、独学で挑戦する人が6割にも上ると言われています。
独学は市販のテキストで気軽に勉強が始められて、金額も安くて済みますから、人気が高いことも納得できます。
しかし、その方法で確実に合格できるかどうかは分かりません。

そもそも宅建試験は合格率15%前後で、受験者10人に2人以下しか合格できない国家試験です。しかも、不動産に関する法律を学習しなければなりませんので、法律初心者にとってかなり難しいのは事実でしょう。
そんな試験に独学で挑戦しても、試験を受験する以前に挫折してしまう人が多いのは当然のことかもしれませんね。

そこで、確実に短期合格を目指す人は、試験のプロである通信講座の受講を検討してみてはいかがでしょうか。
以下に通信講座のメリットをまとめてみましたので、これらを見極めた上で、自分に合った学習方法を選択してみるとよいでしょう。

・通信講座のメリット
テキストは合格点ギリギリを狙ったコンパクトな内容になっている講座が多く、学習にかかる負担ができるだけ軽くなるように工夫されています。
講義を収録したCDやDVDが付いているコースの場合は、講義を何度も繰り返し見られる(聞ける)というのもメリット。通学講座のように聞き逃してしまうこともなく、分からなかったところを何度でも繰り返して再生することが可能です。
しかも、それらの教材一式を自宅まで届けてもらえるので、好きな時間に自由に学習できることも利点です。
独学と同様に、自分自身で学習スケジュールのコントロールが必要になってくるので、その点は注意が必要です。

次のページへ >>


(C) 短期集中で試験に勝つ!宅地試験・合格テク教えます All Right Reserved.
サイト集