問題集中心の勉強法が合格へとつながる!

<宅建試験に勝つための勉強法>

宅建試験へ向けての勉強法を一言で表すと、『問題集をテキストのように使う勉強法』です。
必要なのは、テキストと問題集(過去問)。試験勉強の場合、テキストを読んで、ある程度学習を進めてから問題集を解く、という方法が王道だと思いますが、宅建試験の場合はちょっと違います。学習の基本とするのはテキストではなく問題集なのです。具体的にどのように学習を進めていけばよいのか、解説してみましょう。

①問題集をテキストのように読む
テキストと問題集を手元に用意したら、まずは問題集を開いて読み込むことから始めます。
学習を進めていく内に、過去に本試験で出題された項目とテキストで重要項目と記された事柄とが見事に一致していることに気が付くはずです。
問題集は、宅建に必要な知識を最も的確に集約したもので、問題集を読み込んでいくと、毎年どのような問題が出題されているのか、出題傾向をつかむことができ、その部分だけをピンポイントで記憶することができるのです。
試験勉強を始めた当初にいきなり問題集を開いても、当然ですが解答することはできません。最初の目的は、どの科目がどのようなパターンで出題されるのか、出題傾向をつかむことですから、正解できなくてもOK。細かいところまで覚える必要はなく、2回目にそのページを読んだとき、「前に読んだことがある問題だ」と軽く記憶に残っているくらいがちょうどいいです。

②問題集を解きながらテキストをチェックする
次に問題集を読むだけではなく、解き始めることにします。が、ほとんど正解できないので、かなり焦りを感じるはずです。その焦った状態でテキストを開くことが重要です。
自分が間違えた問題だけをテキストでチェックしていくことで、要点をピンポイントで覚えていくことができ、しかも高い集中力を持って取り組むことができます。
正解できるようになることが最終的な目標なのですが、始めは問題集とテキストを往復しながら基礎知識を固めていくことになります。間違えることを恐れずに、何度でもテキストと問題集のチェックを進めましょう。

次のページへ >>


>繰り返すのに最適なテキストとリンクした問題集


(C) 短期集中で試験に勝つ!宅地試験・合格テク教えます All Right Reserved.
サイト集