不動産に関する知識は社会人の基礎になります!

<そもそも宅地建物取引士ってなに?>

宅地建物取引士(通称“宅建”)の資格は、宅地建物取引業法という法律に定められているもので、土地や建物の取引、仲介などを行う不動産業を営業するためには、事業所ごとに最低1人、大きな事業所では5人に1人の割合で有資格者を置かなければならないと決められています。
なぜそのように決められているのかというと、土地や建物の売買を行う際に、宅地建物取引士が買主(あるいは売主)に対して、“重要事項説明”を行わなければならないと定められているから。
売買の対象となっている不動産に関するあらゆる事柄を、宅建士が責任持って説明しなければ、正式な取引として成立しないのです。

以上のような点から、不動産業界に就職したいと考えている人は、この資格を取得していなければ話にならない、というのは納得できますよね。
さらに、住宅メーカーや金融機関など、普段不動産に接する機会の多い業界で働く方にとっては、必須な資格となってくるでしょうし、それ以外の企業でも、自社の不動産の管理などにおいて、宅建の知識を持っている人材は必要となってきます。
社会人として取得しておいて損はない資格、というワケです。

さらに、ビジネスの面で有利なだけではなく、自分自身の不動産売買や賃貸契約の際などにも、宅建の知識が役立ちます。悪徳不動産業者に引っかからない知恵が身に付く、ということだけでも、この資格を取得する意味があるかもしれませんね。

次のページへ >>


(C) 短期集中で試験に勝つ!宅地試験・合格テク教えます All Right Reserved.
サイト集